『硬度9H』の意味とは?鉛筆硬度とモース硬度の話

く、ガラスフィルムやコーティングの
謳い文句のひとつに、
硬度9Hの耐久性』とか
硬度9H』という言葉があります。


9H』とは一体
どういう意味なのでしょうか?



詳しく解説していきましょう。


まずはじめに、『H』とは何か?


『H』とは鉛筆の芯の強さを
表すのに使われる硬度の単位です。


小学生のころ、
『2B』や『HB』の鉛筆を良く使った
記憶があるかと思います。


HとはHard(ハード/硬い)、
BとはBlack(ブラック/黒)の、
FとはFirm(ファーム/しっかりとした)の略字です。



2H,3HとHの前につく数字が大きくなるほど、
芯が硬く、色が薄くなります。


2B,3BとBの前につく数字が大きくなるほど、
芯はやわらかくなり、色は濃くなります。




現在、この世に存在している芯の種類は、
9H・8H・7H・6H・5H・4H・3H・2H・H・
F・HB・B・2B・3B・4B・5B・6B
の17種類です。


ガラスコーティングの硬度も『鉛筆硬度』


スマホなどに施工するガラスコーティングも
鉛筆の2BやH、HBなどと同じ「H」規格で、
ガラス以外にもコーティング業界で
使用されているJIS規格です。



鉛筆を使って『引っ掻き試験』を行います。
その結果、9Hの鉛筆でも大丈夫だと実証された
ガラスを用いて作成されたものが
「硬度9H」を名乗ることができます。


9Hって実際どれぐらいの硬さなの?


硬度を表す尺度には、鉛筆硬度以外にもう一つ
鉱物の硬度を規格する『モース硬度』があります。


(引用:社団法人日本コーティング協会)

モース硬度は1~10まで尺度が存在し、
2.5が爪、10がダイヤモンドです。


モース硬度と鉛筆硬度を照らし合わせてみると
9Hという鉛筆硬度は、
モース硬度ではおよそ5に相当します。


つまり、プラチナより硬く、
ナイフの刃より柔らかいということになります。


数字が大きい方が硬そうな印象を受ける


やはり、人間の脳みそは
数字が大きい方が、『強そう』『丈夫そう』という
印象を受けてしまいます。


9Hと5。

ぱっと見では、やはり
9Hの方が強そうに見えてしまいます。


ですが、この記事を読んだあなたは、
もうしっかりと判断できるはずです。


日本において9H以上の鉛筆硬度は
ありえませんので、しっかりと
判断してくださいね。

(海外だと9H以上もあるらしいですが。)


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。