【必読】iPhone,スマホコーティングのメリット・効果とデメリットとは?


「スマホコーティングってなんだろう?」

今これを読んでいらっしゃるあなたはそうお考えだと思います。
スマホコーティングは保護フィルムにとって変わる最新のツールです。


この記事では、スマホコーティングとは一体何か?
そのメリット、デメリット、効果についてご紹介していきます!


お客様からよく聞くフィルムの不満

本題に入る前に、お客様から実際に良く聞く
フィルムに対する不満をお伝えします。



この画像を見て
あるある!!』と
頷いているのではないでしょうか?



これを踏まえた上で、
スマホコーティングの
メリットデメリットをお伝えしていきます。



スマホコーティングのメリット・効果

スマホコーティングのメリット・効果をあげると以下のようになります。


  • 画面が強化・保護される
  • 指紋や汚れが付いても取りやすくなる
  • 光沢感アップ、画面映りが良くなる
  • 3年以上効果が持続

などなど。


これらについて少し詳しく解説していきます。


①画面が強化・保護される

コーティングした
ガラス層は時間が経つにつれて厚くなり、

施工時→鉛筆高度4H
1ヶ月後→日本最高硬度9H以上(鉛筆引っ掻き硬度(JIS規格))まで硬くなります。


時間が経つ度にスマホの画面が
硬化・強化されているって
すごいと思いませんか?


*絶対に割れない、傷がいかないというわけではないのでご注意ください。

②指紋や汚れが付いても取りやすくなる

毎日使うスマホには
必ず指紋汚れがつきものです。


指紋汚れというのは水分ではなく油分です。


保護フィルムの場合、
いくら綺麗に拭き取ったと思っていても
実は拭き残しが必ずあります。


汚れが薄くペースト状になったにすぎません。


その上から、また指でスマホを操作するので
ドンドンドンドン油汚れが層状に
たまっていく
のです。


擦り傷と油汚れのダブルパンチで
画面がドンドン白く不透明になり
見辛くなってしまうのですね。


しかし、スマホコーティングでは、
油分を浮かす特殊な溶剤を用いますので
指紋汚れをガラス層上にはじき出します。


そこにホコリとかが固まって集まるので、
画面拭きでサッと拭くと
すぐに新品のように綺麗な画面
戻っていくのです。


拭くたびに新品のような
ツヤツヤピカピカの状態なので
毎日気持ち良く快適に使うことができます。


③光沢感アップ、画面映りが良くなる


これが一番喜ばれるのですが、
ガラスの反射で画面に光沢ができ
ピカピカ・ツヤツヤになります。


その結果、画面映りもよくなって
はっきりくっきりと見えるようになります。


『なんか見辛いな…』という
ストレスから一気に解放されるのです。



お客様から
え、めっちゃピカピカ!
こんなに綺麗になるんだ!
という驚きと感動の声をいただきます。


これは写真ではわかりにくいので
実際にコーティングしてみて
実感していただくしかないです。


画面がツヤツヤ・ピカピカだと
人に見せる時も恥ずかしくないですし、
非常に印象が良くなります。


④3年以上効果が持続

フィルムは消耗品なので、
基本的に時間が経つ度に
劣化していきます。


その度に、Amazonやヨドバシカメラなどで
スマホのフィルムを探して買う、
そして自分で貼らないといけないのです。


ですが、当店のスマホコーティングは
一度すると3年以上効果を持続継続します。


次の機種変更まで
何もしなくていいので、
結果的に経済的にも労働面でも
メリットが多いのです。


フィルムを張り替える手間や
ストレス・緊張感がなくなるので
非常に快適なスマホライフを
送ることができます。



その他のメリット

  • 操作感が落ちない
  • タッチの感度が落ちない
  • スマホが綺麗で印象が良くなる
  • 塗りムラにならない
  • スマホ全体をコーティング保護できるので裸持ちの人にぴったり


フィルムは画面の端まできちんと
保護できないこともありますが、
コーティングは『塗る』ので
全体的に保護・強化ができます。




メリット・効果をまとめると…



一番最初にあげたフィルムの不満を
全て解決しています。

施工料金

ご予約はコチラ


スマホコーティングのデメリット

スマホコーテングにもやはりデメリットはあります。


①コーティングするとスベスベするのでスマホを落としやすくなる
②絶対に割れないというわけではない
③一点集中の衝撃に弱い

などが挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

①コーティングするとスベスベするのでスマホを落としやすくなる

コーティングの良さでもある
スベスベ感が仇になって
スマホをうっかり落としやすくなるというデメリットがあります。


なので、施工させていただいたお客様の中で
絶対にスマホ裸族がいい!』という方以外には
カバーをつけてください』という風に
お願いをしています。


次は注意点ですが、

②絶対に画面が割れない、というわけではない

たまにお客様に、
絶対に割れないんですよね?』と
質問されることがあるのですが、
残念ながら絶対に割れないということはありません。



いくら、防弾の技術を用いた
ガラスコーティングだとはいえ、
一点集中で強く衝撃が加わると
割れてしまいます。



スマホを落としてしまったとき、
地面に真っ先に着地するのはほとんどの場合、
スマホの四つ角のいずれかです。



上の画像のように一点に力が
加わることになるので、
スマホの中身から力が加わり
割れてしまうのです。


つまり、コーティングの下(本体の画面)から
割れるので防ぎようがないということです。


結構スマホあるあるですよね?


なので、こういうことになる可能性を
できるだけ低くするために、
お客様には
角を守れるカバーをつけてください
という風にお願いをしています。


シリコン製のカバーでもなんでも構いません、
とりあえず角を守れるものを
おすすめしております。

ガラスフィルムと同じ強度でストレスフリー

スマホの画面を保護するツールとして、
ガラスフィルムが最近よく使われています。


しかし、実際にお客様に評価を聞いてみると

すぐにひび割れてしまう
エッジ部分が守れないからダメ
全然強くない
画面が曲面だから端っこが浮いてきてしまう


こういう不満を持っておられます。


それに対して、スマホコーテングは
硬度9Hであり、
フィルムを買い換える・張り替える手間もありません。

(↑当店の場合の硬度です。)


毎日使うスマホをストレスフリー
使っていただけるようになります。


最後に

いかがだったでしょうか?


頑張ってデメリットを探し出してみたのですが、
本当に数が少ないことが改めてわかりました。


スマホコーティングは
フィルムよりもメリットが多いですが、
絶対に割れないということではないです。


その点だけあらかじめ理解していれば、
本当に目一杯のメリットを享受できます。



ガラスフィルムがバキバキで
そろそろフィルムを貼り替えようかなぁ〜
とお考えの方は、

ぜひスマホコーティング
試してみてはいかがでしょうか?


西中島南方・新大阪のスマホコーティング専門店

Delight Coatingは西中島南方南方新大阪駅から徒歩10分圏内スマホコーティング専門店です。


当店は完全予約制で、他の方を気にすることなく、リラックスして来店していただけます。


店舗での施工だけではなく関西圏への出張施工も承っております。


施工料金

ご予約はコチラ