スマホ裸族のあなたにガラスコーティングをしてほしい3つの理由

マホを使用している人の
ほとんどがケースやフィルムを
使用していると思いますが、
中にはなにもつけない、貼らないという
『スマホ裸族』の人もいます。



筆者も”コーティングをしてから”、
めでたくスマホ裸族の仲間入りを
果たしました。



今回は、スマホを裸運用している方に
ガラスコーティングをした方がいい理由を
私の感想も交えながらお伝えしていきます。


コーティングした方がいい理由


筆者が思う理由は主に4つ。

理由1:目立つ傷がいきにくい、割れにくくなる
理由2:光沢感が増し、より美しくなる
理由3:汚れが落ちやすくなる


では、詳しく見ていきましょう。


理由1:目立つ傷がいきにくい、割れにくくなる


ガラスコーティングをすると、
硬度9H(プラチナより硬い)のガラス層が
表面に形成されます。


それによって、もろに目立つ傷がいきにくくなり、
万が一、スマホを落としてしまっても
以前よりも割れにくくなります。


目立つ傷が行ってしまうと、
スマホのスタイリッシュさが
失われてしまいますし、
気持ち的にもがっかりしてしまいます。


せめて、コーティングをしておくだけで、
傷がいきにくくなり、割れにくくも
なるので非常にオススメです。

*絶対に割れない、傷つかないというわけではないのでご注意を!

理由2:光沢感が増し、より美しくなる


裸運用だとスマホ本来の美しさを
楽しむことができます。


ですが、コーティングすることによって
より一層、光沢感・艶めきが増します。


綺麗なスマホを使っている人に対して

『清潔』『綺麗好き』『仕事ができそう』
『信頼できそう』『爽やか』

という印象を人は持ちます。


逆も然りです。



好印象をもたれれば、
コミュニケーションも上手く行きやすいので
損はありませんね。


理由3:汚れが落ちやすくなる


ガラスコーティングすると
筆者が使用しているコーティング材の
特殊技術によって、
指紋などの油膜をはじいてくれます。


それによって、指紋や皮脂などの
脂汚れが一拭きで落ちてしまいます。



これは、私の感想ですが、
フィルムを貼っていた時は、
汚れが落ちたようで落ちていなかったんですね。


どういうことかというと、
拭くたびに画面全体に汚れが
薄くなって広がっているだけといいますか、、、

もちろんちょっとは取れているかもしれませんが、
画面が白く濁ってとても見辛かったですね。


ですが、ガラスコーティングしてからは
先ほどもお伝えした通り、
画面にハァっと息を吹きかけて
一拭きすればすぐにツヤピカ状態を取り戻せます。


スマホの画面を綺麗に維持したい方には
ぜひともオススメしたいです。


フィルムよりも優れている


裸運用をしている方の中には
フィルムだけは貼っているという方も
いらっしゃるかもしれませんね。


ガラスフィルムや液晶保護フィルムは
買ったあと数ヶ月はいいのですが、
半年も経たないうちに、


こういう不満が出てくるのが
欠点だと言えます。


コーティングは一度施工すれば3年以上
効果が維持されます。
(*使用状況による)


よって、何度も貼り替えたりする
必要がありません。


コーティングをしている身から言ってしまえば、
その度に、新しいフィルムを買うのは
お金の無駄だと言えますし、
それを自分で買って張り替えるのも
労力の無駄と言えます。


まとめ


ということで、スマホを裸運用している方には
美しい見た目を維持するためにも、
ガラスコーティングでスマホを保護・強化
しておくことをオススメします。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。