スマホコーティングとは?

スマホコーティングってなんだろう?

今これを読んでいらっしゃるあなたはそうお考えだと思います。
スマホコーティングは保護フィルムにとって変わる最新のツールです。

この記事では、スマホコーティングとは一体何か?
そのメリット、デメリット、効果についてご紹介していきます!


スマホコーティングって一体何??



スマホコーティングとは、特殊なコーティング材をスマホに塗装することで、ナノレベル(目に見え無い)のガラス層を液晶画面の表面に18層(厚さ最大2400nm)形成させることを意味します。



ガラス層が18層形成されることにより…



コーティングしたガラス層は
時間が経つにつれて厚くなり、
施工直後→鉛筆高度4H
1ヶ月後→9H以上(日本最高硬度)まで硬くなります。


フィルムと何が違うの??


液晶保護フィルムの欠点として、


この他、

ガラスフィルムがすぐに割れる
エッジ部分が丸くてフィルムでは保護できない

といった不満がよく聞かれます。


スマホコーティングと保護フィルムを比較してみると…


コーティングとフィルムの比較
フィルム(ガラスフィルム) コーティング
画面映り 白く不透明になる、見辛い 次の機種変更まで画面映りが鮮明
快適さ 貼るのが難しい、気泡が入る、サイズが足りない、ずれる 貼らずに『塗る』からいつでも快適
剥がれるかどうか 数ヶ月後には剥がれてくる→画面が汚れる 『塗る』から剥がれる心配なし
滑り・タッチの感度 時間が経つと、タッチの感度や滑り感が低下 いつでもツルツル、タッチ感度もずっと維持
汚れの落ちやすさ 拭き取りにくい、薄くペースト状に残る 特殊な技術で汚れ(油分)を浮かせるのですぐに拭き取れ、ずっと綺麗・清潔


スマホも清潔さが求められる時代に


あるアンケート調査によると『スマホの画面が汚れている』『ひび割れしている人』に対して9割近くの人が、
不潔』『だらしない』『大雑把な人』『信用できなさそう』という悪印象を抱くことがわかりました。


今の時代、自分の外観の清潔さだけではなく、いつも使うスマホにも清潔が求められるようになってきています


あなたのイメージアップにコーティングが使える!!


仕事の場面で、スマホやタブレットで
写真や資料を見せるとき、
画面がとても綺麗であれば非常に好印象ですし、
仕事ができそうだなぁ』と良いイメージを持ってもらえます。



デートの時でも、相手と一緒にスマホを見る時に
画面が綺麗であれば好感度がアップします。



コーティングの注意点・デメリットはあるの?


①コーティングするとスベスベするのでスマホを落としやすくなる

コーティングの良さでもある
スベスベ感が仇になって
スマホをうっかり落としやすくなるというデメリットがあります。


なので、
絶対にスマホ裸族がいい!』という方以外には
カバーをつけてください』という風に
お願いをしています。



②絶対に画面が割れない、というわけではない


絶対に割れないんですよね?』と
質問されることがあるのですが、
残念ながら絶対に割れないということはありません。



いくら、防弾の技術を用いたガラスコーティングだとはいえ、一点集中で強く衝撃が加わると割れてしまいます


ちなみにダイヤモンドでもハンマーで叩くと割れてしまいます。)



スマホを落としてしまったとき、
地面に真っ先に着地するのはほとんどの場合、
スマホの四つ角のいずれかです。



上の画像のように一点に力が加わることになるので、スマホの中身から力が加わり割れてしまうのです。



つまり、コーティングの下(本体の画面)から割れるので防ぎようがないということです。



なので、こういうことになる可能性をできるだけ低くするために、お客様には
角を守れるカバーをつけてください
という風にお願いをしています。



シリコン製のカバーでもなんでも構いません。
とりあえず角が守れるものをおすすめしております。


スマホコーティングのまとめ


スマホコーティングはフィルムに不満を持っている方には非常にオススメです。

また、スマホ以外にもタブレットや腕時計、メガネなど本当に様々なものに施工可能です。

あなたの大切なものを長く綺麗に使うためにぜひガラスコーティングをご検討ください。